Another World・・・もう一つの世界へ・・・死ぬということは、向こうの世界に帰ること


 Another World 霊的世界とは?>「生まれ変わり」と「過去世」

「生まれ変わり」と「過去世」

人が死んだとき、この地上の記憶をそのまま持って、幽界の住人となります。

そして、幽界で成長し、ある時期になると、地上の新しく出来た肉体の中に入り込み、地上に生れ変ります。それを何度か繰り返しています。
人間は、人間に生れ変ります。動物にはなりません。

地上に生まれ変わった時は、残念ながら人は、それを全く覚えていません。
地上で新しく出来た肉体の脳には、その記憶がありません。しかし、幽体の意識の深い部分では、10回再生したら、10人分の地上での人生を経験しているのです。

過去の10人分の集積・・・
それが、今の自分を形成しています。

もし、今の自分はとても怒りっぽく、いつも周りの人と喧嘩をしてしまうとします。
過去の自分も、きっと怒りっぽかったのかもしれません。そして友達が少なかったかもしれません。

きっとこういう場合、自分はこう反応しまうに違いない。
多分こう言われたら、泣いてしまうかもしれない・・・。
多分こう言われたら、殴ってしまうかもしれない・・・。
多分こう言われたら、死んでしまうかもしれない・・・。

自分の中でも、ある程度予測がつくことはありますよね。
それこそが、過去の影響・過去の記憶なのです。

過去の影響が強いと人は、予想されるような行動に出てしまいます。予想しなくても、衝動として、過去と同じような行動を取ってしまうことがあります。
結局、過去と同じような結果を招くことになります。

それを霊的カルマと言います。

よく自分の心の奥を観察してみてください。
自分の中の、傾向・嗜好を分析してみてください。
過去世を知ることで、今生の乗り越えるべきテーマを知ることができます。

守護霊・指導霊たちは、過去世での辛いことや悲しい出来事を、今回の人生でまた知らず知らずのうちに再現してしまうことのないようにと願っています。

参考

“まぁちゃんのれいこんに聞いてみよう!”
 「霊的カルマ」
  「悩みとカルマ」

閉じる