Another World・・・もう一つの世界へ・・・死ぬということは、向こうの世界に帰ること


人間とは

人間とは、実は、肉体と、霊的身体(幽体)を重ね持つ、霊的生命体です。

そして、死とは、肉体と幽体が完全に分離し、幽体が幽界に戻って行くことなのです。
私たちは、この世に生まれる前の世界で、ずっと霊魂として生きてきました。
そして、一時期、この世で生活をします。
そして死んだらまた、生まれる前の世界である幽界に戻って行くのです。

幽界では、幽体という体で生活しています。そしてまたこの世に生れ変る時には、地上の新しい肉体の中に幽体が入り込みます。
「地上の肉体に引き付けられる」という言い方の方が正しいようです。
しかし、残念なことに、いままでのことは、全て忘れてしまっています。

幽体と肉体が離れる時が、人間の死ぬ時になります。
事故や病気をして、肉体がもう使い物にならなくなった時に、幽体は肉体から離れて行きます。
この世の記憶をそのまま持って幽界に帰って行きます。
そして、また生れ変る時には、すべてを忘れてしまいます。
そのように、人は何回も、生れ変りを繰り返しているのです。

参考

ホームページテンプレート

閉じる