☆ 入会のきっかけ ☆


目に見えないものに子供のころから興味があり、占い師や祈祷師のところに中学生のころからはまって通っていました。目に見えないものに関しては、 理由も根拠もなくあたりまえのように存在を信じていました。何も深くかんがえていなかったというのが正解かもしれません。
過去世もあると信じていました。深い理由は何もありません。

そんなとき、過去世、守護霊調査いたします、という一行広告を目にしました。見た瞬間、わくわくとした気持ちが抑えきれず、すぐに申し込みました。
その時はたしか守護霊調査をお願いしたのだったとおもいます。守護霊は女性で、地上の人になかなか思いが伝わらないので補助霊をつかっていると書いてありました。
意味がよくわかりませんでしたが、わくわくしました。。

その後、大霊力本を紹介されて一生懸命、何度も読みました。本の後ろにあるなぞときのようなものも一生懸命やりました。
本の中のわからないところを質問したら、講演会の案内がきました。当然、わくわくしてしまったのですぐに行きました。
友人も誘いましたが来てくれませんでした。あまりに何も考えていなかったので、人はこういうことに対して色眼鏡で見る、という意識や知識すらなかったのです。

確かにおかしな団体は世にたくさんあるようです。でも本物も存在していました。
色眼鏡でみることをせず、飛び込んでみて、本当によかった、こんな体験他ではできないぞ!と心底思っています。