修行者たちの戯言(たわごと)
[トップページに戻る] [初めにお読みください!] [掲示板ご利用方法]
[ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除が出来ます。半角英数字で8文字以内)
記事No パスワード

[131] 再臨 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/09/14(Sun) 23:40  

ちょっと、たまのこしさんとか、いしまつさんとかキリスト教に詳しそうな方々に聞いてみたいのですが、イエスが再臨する時に世界の終わりのような描写がなされている理由をキリスト教徒の方々はどのようにとらえてるんですかね?

私たちは水波霊魂学的にいうところの原罪が幽質の世界から物質の世界の地上に降りたことと理解してるので、みんな揃って元の世界に帰るってことは、、まあ、、、そういうことかなとも思うのですが・・
(じゃあ何で、地上に降りた時に・・・ってのは置いておきますねw)

まあ、現実はさらに複雑極まりない様相でとても掲示板には書けないのですが、、、

ふと、気になってしまいました。

ムチャブリかな?


[130] やはり、そうでしたか!! 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/09/10(Wed) 19:05  

そのシュールなんとか、決して好きで食べたいわけではないのです。
我が国のことわざに「スウェーデン食わぬは男の恥」という故事がありまして・・・

嘘ですm(__)m

好奇心が旺盛過ぎる傾向があり、常に「誰か止めてぇ〜〜〜!!」状態ってのが正解w

体の重さについては・・・・コメントは控えるwwww


[129] そうそう、それです、シュールなんとか 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/09/10(Wed) 03:50  

100個の金玉ではなく、金の玉です(あくまで品位を保とうと・・・ムダな動き)

前回以来、好きな匂いのことを考えていたのですが、ここでは書かないほうがいいようなものが、けっこうあって・・・そのご紹介頂いた興味深いサイトにあるものも然り。どうりで、健康優良・・いや、最近はだめだな、体の重さが・・

だいぶ前に、ご紹介頂いた、深海魚の写真集サイトも、いまだ、お気に入りに入っているし、人間の有様って、やっぱり今回の人生だけではないなと、思わざるを得ません。

霊魂の世界に戻ったら、それはそれは、すごいことになっているのでしょう。
笑ってすませられるならいいのだけれど、そうでない場合は、ヤバヤバ、本当に。

霊的トレーニング・禊・鎮魂で、霊的身体を、ちゃんと調整して鍛えなければですよ! と。




[128] 最凶 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/09/09(Tue) 19:57  

上手く表現できないけど自分にとって白檀は別格なんです。
鼻の穴から脳の深部に浸透し脳幹レベルで機能停止しそうな感覚・・・・と言っても分からないですよね。。
まあ、言いかえれば究極のリラックス?、ニアデス体験ww

で、
その硫黄系の匂いは肉体に好影響を与えるとか・・
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52168476.html

もしかしたら人が原始生命体のころから関わってる霊的存在がその金玉、、じゃなかった硫黄を通して何らかの関与を・・と妄想。

ああぁああぁっ、そのたまのこしさんの「金玉満堂に行こうよ!」の雄叫びをじかに聞いてみたかったw
それに100個の金玉、何か新鮮でほほえましいですわぁw

罰ゲームの缶詰って、あれですか、スウェーデンのシュールストレミング?
一度食べてみたい!!

らんじゃたい??
何かヤバそう〜。
煙と香りとともに立ちのぼる禍々しき念・・・
想像しただけで機能停止しそうになる。。


[127] むむむ・・・無臭・・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/09/09(Tue) 03:41  

(ちょっと訂正)ヒャッキンというところは、100個の金の玉=100円で商品が買えるということで、百金という理解でしたが、実は、百円均一の百均だったのですね!今頃のウロコ・・・

金の玉といえば、以前住んでいた地区にあった、中華料理屋さんは、その名を、金玉満堂といって、屋根の上には大きな看板も。「金玉満堂に行こうよ!」と大声で言ったとき、気まずい顔をしたのは、日本人だけなのでした。お店の人に尋ねたら、「千客万来」と同じような意味だそうです。言葉の意味や捉え方の様々を感じます。

さて、たまねぎ、ですが、これが腐った匂いというのは、まだ経験したことがありませんでした。でも、な〜んとなく、好きだろうなという気がします。やだなあ・・なんだか、どんどん自分という存在が・・・

蘭奢待?(ふりがな感謝)ちょっと調べると、木?焼き鳥?お酒?もっとちゃんと調べますね。

テレビの罰ゲームで、缶詰を開けて、その匂いを空気砲でぶつけるというのを、観たことがありますが、あれも、自分には、ご褒美・・だったらどうしようと、ちょっと心配です。



[126] あれ、も硫黄入ってますが 投稿者:いしまつ 投稿日:2014/09/08(Mon) 13:05  

※注意)
以下は「臭い」話がつづき、こころの奥底が刺激される可能性があります。ご自身の心理的かつ霊的な危険を感じる場合は、スルーしていただくようおねがい申し上げます。イヤ、マジで…m(_ _)m

---------------------------------------------------------------------------------

あれ、すなわちメタンチオール (メチルメルカプタン) (CH3SH あるいはCH4S)も硫黄が入っていますが、
たまのこしさん、「あれ」 好き…だったりします?

「あれ」 つまり「タマネギの腐った匂い」(^^;;;(^^;;;(^^;;;

たぶん、悪臭KING。でも最臭はエタンチオールだとギネス認定されてます。
どうやって悪臭判定したんでしょう?

小烏丸さま、メタンチオールVS白檀 ならどっち最凶ですか?(^^;;;

近所のおじさんの口臭がすごくて、その正体がおそらくメタンチオールと知ったとき
じぶんからメタンチオールが出るようなおじさんになりませんように…と祈った子供時代を思い出します。
たぶんムリでしょうが…orz

アスパラガスによる尿の悪臭化もしばしメタンチオールが犯人と誤認されていたようですが、小烏丸さんのおっしゃるように、ちがうようですね。

くさい、きたない、はなしでしつれいしました。m(_ _)m

メタンチオールも何かを浮かび上がらせそうですが…( ̄□ ̄;)
蘭奢待(らんじゃたい)もいろいろな念がこもってそうでコワイですよね。
あ、でも誰もほとんど見ることがないし、知られていないから念もつかないかな?


[125] 化学式に悶絶・・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/09/08(Mon) 04:02  

そうですよね、深追いの危険を感じるから、努めて、考えないようにしています。
自制心を失って、果てしなく入りこんでしまいそうで。

昔、UFOを見たいとか、死後の世界の実態を知りたいとか、勉強もせずに、そういうことばかり考えていた頃を思い出します。知りたいと思う気持ちは大切だと思いますが、行き過ぎると、危ないんですよね。

白檀、というと、お香。スピリチャアルとかパラノーマル・・とかが流行りだしたころ、そういう系統のお店に行くと、怪しげな本や小物の間に、必ず、お香コーナーがあって、白檀の香りが、店中に漂っていました。興味があったころは、その香りにつられるように、入っていったものですが、今は、その香りがすると、「あ!怪しい!」と感じて、離れるようになりました。
香り自体は、大丈夫なんでしょうが、感覚的に嫌いになったという・・・

うちの扇子、チェックしておきます。パタパタ・・くんくん・・あ、プラスティックだったわ・・百金の。




[124] 化学式 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/09/07(Sun) 23:23  

二酸化硫黄と硫化水素の違いなのかな?
元素記号だったか化学式だったかは忘れたけど。。

ゆで卵が腐って爆発www
これが最臭兵器ってやつか!!!!

それともブーツだけが残って破裂って、まさかそのヒゲ男は尸解仙で、まさに尸解したのか?

確かに五感の好みの背後にある幽的な何かは一般の方々は深追いすると痛手を負う可能性が高そうですね。

まあ、修行者でも深追いしないで済むならしない方が良いことが多々あるんですよね・・

人間って本当に複雑だと思います。

ところで、たまのこしさんは、白檀の香りは大丈夫ですか?
私の場合、肉体の好みというレベルを超え、意識が遠のくほど苦手なのです。

あの授業参観で扇子をパタパタさせるお金持ちっぽい誰かのお母さんから漂ってくる香りで、もう授業どころじゃなくなったんですが、後でクラスメイトに聞いても、どうやら自分だけだったようで。。。

アスパラガスを食べておしっこの匂いが臭くなると感じるのは遺伝だそうで、まさにその遺伝子があるんですが・・

白檀の香りで悶絶する仲間はいないかな?


[123] おお!硫黄! 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/09/03(Wed) 06:50  

同じ輪の中だと思います。

以前、復活祭に恒例となっている、装飾たまごキットで、ラテン系ヒゲ男のようなのがあったので、たまごに目鼻ひげなどをはりつけ、ハットとブーツをつけて、部屋にずっと飾っていたのですが、何か月か過ぎたある日の午後、銃声のような音がしたので、びっくりして見に行くと、ヒゲ男のブーツだけが残っており、?と思っていたら、ぽわ〜〜んと、大好きな硫黄風の香りが・・・

中身を抜いた、たまごの殻を使わないといけないのに、ゆで卵を使っていたために、腐って発酵して、破裂した、ひげ男。その時の香りが、大好きな硫黄と似ていて、今も忘れられません。

硫黄入浴剤(薬局で売ってる、透明なペットボトルに入っている赤い液)は優れものです。入浴後に、ほのかに漂う匂いがたまらない。

五感の好みって、霊的なこととも関わりがあるのでしょうが、深追いすることでもないのかなと思い、野放し状態です。




[122] そ、それは・・危険な香り 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/09/01(Mon) 22:47  

火薬の匂いって・・

小さいころマッチを擦った時の硫黄の匂いが好きだと言ったら母親に変人扱いされました。
同じような匂いかな?

様々な場所から人が多く集まるってことは・・やはり気をつけなければならないのでしょうね。

想像以上に霊的現実、状況は厳しいようですんで。。

霊的に万全を期して地上を楽しんでくださいね。



[121] それと風邪薬・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/08/30(Sat) 05:20  

最近では、日本の方も、お盆休みに集中する度合いが、ほんの少し減ったようなことも聞きました。前後に振り分けられると、どなたにとってもいいように思います。それに比べ、年末年始というのは、短期集中の極地なんでしょうね。今年の年末が楽しみです。完全防備で立ち向かわなければいけないのだろうか・・・

各国の国際空港に、「今日のこの地の霊的状況」とか提示されると、けっこうすごいかも。
ここは、年越しに爆竹系の花火がすごいらしいのですが、火薬の匂いが好きなので、それも楽しみ・・ (楽しみ、という言葉の使い方を間違っているかもしれない・・・)

私も祈ってます。






[120] あこがれの 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/08/29(Fri) 20:36  

楽園ですか?
たぶん、娘が永住したがってる場所かと思う。

ピークが夏なんですか?
こちらの感覚だと芸能人がお正月を過ごすイメージがありますので冬がピークかと思ってました。

こちらはまだ8月なのになぜだか秋風が吹き、ちょっぴりアンニュイ(使い方あってます?)なオサーンなのです。

あぁ〜、でも、そろそろチョコレートやシチューのコマーシャルが始まるなぁ〜って頭の片隅で考えてるww

新しい光がどんどん集い、大きな輝きになりますよう祈ってます。


[119] 夏が終わる・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/08/28(Thu) 03:33  

ということは、もうすぐ秋、そして年末・・・やっぱり早い・・・

相変わらず吹き荒れる風に、振り回されてる感じのポンコツです・・が、この地には、すでに、新しい光が灯っています。力を合わせて、がんばりたいです。

近所のドラッグストアで、ビーチチェアを半額で売っていて、ラッキ〜!レジの人が、夏も終わりだからセールだよ〜って。ん?ここってずっと夏じゃないの?と思ったら、一応、夏休みにこの地を訪れる人のピークが、夏だそうで。そういえば、現地の子供たちは、8月前半に新学期が始まるようです。観光ピークとずらしているのは、意図的なのかな・・


[118] 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/08/26(Tue) 22:59  

霊的トレーニングをこなした者の周りに吹く風はただの風じゃあないですからね。

北風小僧ならぬハエ小僧、、違うw南風小僧としての、たまのこしさんんの活躍を期待します。

ところで、実家に帰り地酒を飲んだのですが、偶然にも「いい風」と「雨後の月」でした。

何か意味深だなと、勝手にほくそ笑んでます。


[117] 風の通り道 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/08/21(Thu) 04:43  

この街は、一日のほとんどの間、貿易風が吹くようです。季節的なものなのかどうか、まだ確認していませんが、自宅が5階の角で、ちょうど風を向かい入れる方角なのか、以前なら台風?っていうくらいの風が通ります。

この風が、この土地を清める風であれば、どれほどいいか・・・あるいは、何かできることがあるのか・・・よそ者の私には、まだ手探り状態ですが、どこにいても、霊的なことに気持ちを向ける。守護霊・指導霊に気持ちを向ける。そこから始めようとしています。



[116] 徐々に・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/08/19(Tue) 05:20  

お久しぶりです〜〜!
引越しも終盤に差し掛かり(ってどんだけ時間かけるんじゃ?ッて話ですよね、すみません)

霊的状態との関係とか影響とかはともかく、人ひとりが経験することなんて、ほんの少しのことなので、ちょっと立場や環境が変わるだけで、それはそれは全てが、初めての感触で、まごついたりしています。

今までの生活環境が、変化が少ない=ある意味安定していたということで、毎日の行法、霊魂学の勉強、書き込みなども含めて、一定のスケジュール管理ができていたように思うのですが、今は、てんでばらばら、抜けたり乱れたりの毎日で、さぞかし、散々な状態なんだろうなあ・・と、他人事のように思ったりもしています。

それと、頭で考えるよりも、時間がかかるものなんだな、とも思います。まあこれは、全てがスローダウンしていく年齢のせいでもあるのでしょうが。

ということで、夏も終わりに差し掛かり、目標としていたことも、まだまだ達成できていないので、そろそろ、エンジンジャンプスタートといかなければ!

それにしても、命綱に指3本くらいで、ひっかかっているような時、会・会員の皆さんの掲示板の書き込みを読むと、元気が出ますね。ありがたい〜!




[115] なかつぎ 投稿者:小烏丸 投稿日:2014/08/01(Fri) 22:31  

たまのこしさんが復活するまで・・
待ってるよ〜〜ん。

自分も今までに6回引っ越しをしてるんですが、増えたのは家族と本ですね。
その本も水波霊魂学関係以外を売りたいのですが●●オフだと二束三文の値がつき少々ムカつくので未だに本棚に・・まだおそらくは数百冊はあるかと。
自分の中では価値があるんですけどね(笑)

また家族の関係で新居も探さざるを得ず・・しかしながら霊的に問題のある人と一緒に住むのは・・で揺れてます。

さて、本題!!
誰も突っ込まないのでw

『Eruさんが三人を出家させた!!!!!!!』

さぞや徳の高い八百比丘尼なのでしょう。


[114] 素敵なひとたち 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/07/27(Sun) 11:43  

オフィスの引っ越しは、無事終わり、通勤や新しい場所の感じがわかってきた数日後に、私は、長年勤めた会社を後にしました。残るは、自宅の引っ越し。そろそろ、いろんなことで、ぱにくってきてるのですが、そのステップごとに、守護霊・指導霊方が、サポートしてくださっているのだと、実感する場面が、多々あります。勝手な解釈かもしれませんが、そう感じています。

別に地球の裏側に引っ越すわけでもないのですが、やはり、音信不通になる人たちも多いだろうし、長く会わない、二度と会わない人たちも、少なからずいます。今まで、忙しさに紛れて、しっかりと、顔を見合わせて話すこともなかったような人たちと、改めて話したり、いっしょに食事したりして、自分の周りには、素敵な人たちが、たくさんいたんだなと、感じました。

そして、そう思えば思うほど、その人たち、その周りにいる人たち、そして人類の将来まで、やたらとスケールがでかい心配をしてしまうのでした。

人を救うことなど、できないし、力になれることもありません。けれど、私には、霊的修行、霊魂学という宝がある。そのことを、少しでも多くの人が知ることができるよう、何かをするしか、ないのだと思います。

来月落ち着くまでは、書き込みができないかもしれませんが、みなさんも、夏バテしないよう、気をつけてください。


[113] ハイパーモード 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/07/18(Fri) 09:57  

普段、オフィスに座りっぱなしの生活なので、最近のように、勤務時間に、汗を流して、荷造りをしたりすると、ハイパーになっているのに、気付きます。

体を動かして、代謝を活発にすると、メンタルにも、影響があるんですね、肉体の仕組みというのも、色々と面白いものです。それに加えて、霊的な影響があると、もう、ミステリーそのものなのでしょう。

というわけで、職場と家のダブル引越しで、10歳ほど、若返った、ような気がする今日この頃です。

私も、引越し貧乏ってやつだと思いますが、てやんでい!物に対する執着心が、年々、減ってきてるので、屋根があれば、いいんだいって感じです。

Eruさん、私も機会があれば、本を持ってその宿に行きたい・・・


[112] 引っ越し貧乏 投稿者:ちりこ 投稿日:2014/07/17(Thu) 22:19  

お久しぶりです。最近、引っ越し貧乏を経験したちりこです

この前、小魚さんとお話しして後で気づいたんですが、小魚さんが勤める会社は私が勤める会社のお得意先なんです。

なんか嬉しくてつい言いたくなりました(笑)



Eru さん、この間はお世話になりました!

本、2冊とも誰かが持って帰って読んで霊的に目覚めてたら最高ですね。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
- LightBoard -