修行者たちの戯言(たわごと)
[トップページに戻る] [初めにお読みください!] [掲示板ご利用方法]
[ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除が出来ます。半角英数字で8文字以内)
記事No パスワード

[232] 霊魂イエス 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/10/19(Mon) 06:55  

まるさん、はじめまして!

「霊魂イエス」私も大好きな本です! 

私は、キリスト教の幼稚園と高校に通ったので、聖書、礼拝、賛美歌など、幼い頃から親しんできました。高校の時には、イエスという方に憧れたりもしました。

イエスの復活は、新約聖書の基盤ともなるイベントですが、学校や教会では、イエスという霊魂が、今、現実にどのような活動をされているのか、あまり詳しく学ぶ機会はないと思われます。

契山館に出会って、高貴な霊魂、神人、神霊などについて学ぶうちに、2000年余り前に地上で活動されたイエスという霊的個性が、今も、地上に深く関わっていることを知り、新たな感動をおぼえました。

Eruさんが書かれているように、ぜひ、一度、集会見学をされるといいと思います。
集会は、見た目にはわかりませんが、霊的にとてもいい環境を作りだして行われますので、そこにいるだけでも、自分の霊的な部分にとっては、素晴らしい体験となるはずです。

最初に参加した集会では、静かに着席して、静かに見学して、静かに帰った・・という感じでしたが、それでも、言葉にならない印象が深く刻まれました。

また書き込み、お待ちしています!


[231] Re:[230] こんにちは 投稿者:Eru 投稿日:2015/10/18(Sun) 21:41  

まるさん こんばんは!

「霊魂イエス」を読むと、だいぶイエスキリストの印象がかわるのではないでしょうか?

水波一郎先生が主宰する会は、ほかの宗教団体に所属している人は、そちらを退会しないと入れない決まりがあります。
それは、カトリック教会の指導霊と、こちらの会の指導霊と、どちらかに決めないと、指導霊たちも困ってしまうからだと思われます。

もしよかったら、一度、集会を見学にいらっしゃいませんか?
過度な勧誘はしませんので、ご安心を!

「霊魂イエス」以降、何冊か出版されています。
先月発売された、「指導霊」という本も、読みやすくて、おすすめです。


[230] こんにちは 投稿者:まる 投稿日:2015/10/18(Sun) 12:56  

最近、カトリック教会の信者になりました。
水波先生の霊魂イエスを上下を拝読させていただきました。
いろいろな意味で大変勉強になりました。これからも繰り返し読んで
行こうと思います。教会では霊という言葉は頻繁に出てきますが、
水波先生が書かれているほど霊については述べておらず、自分でも
霊魂の存在は信じているのですが学ぶことが必要だなと感じています。
こういう人間でも会員になれますでしょうか。よろしくお願いいたします。


[229] 困った誤算 投稿者:Eru 投稿日:2015/10/15(Thu) 09:40  

デザインエッグ社の書籍が、全国の書店で取り寄せて購入できるようになったそうです。
https://myisbn.jp/info/2015/05/mj/
(といっても、5か月も前の話ですが)


今回の「霊魂からの伝言」の出版後は、しばらくは新刊は出ないそうなので、今までの書籍をじっくり、繰り返して読みたいと思います。

先日、カタログギフトで申し込んだ、座椅子が届きました。
想像以上に大きく、想像以上に座り心地がよく、このソファーのような座椅子で、本を読もう!とワクワクしていました。
焼酎のお湯割りと、毛布を準備して。


ここで誤算発覚!

座り心地がよいということは、眠くなっちゃうということなのでした・・・。

----------------------------------------------------
どこぞの掲示板で、こんなお題が出されていましたね。
  「新刊」とかけて、「きつねの嫁入り」ととく。 そのこころは?

コン 嫁  ⇒   本 読め ?


[228] そしてまた新刊が! 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/10/15(Thu) 08:49  

発売開始となりました。タイトルは、「霊魂からの伝言 - 霊的な人生とは」

過去2年の間に、水波一郎著、計12冊の霊魂学書籍が誕生しました。

11/2013 神伝禊法
12/2013 霊魂はいると思いますか?
02/2014 幽体の悲劇
04/2014 神体-偉大なる魂の生涯
07/2014 霊魂イエス(上)- 霊魂の世界から人々を導く
08/2014 霊魂イエス(下)- 霊魂の世界から人々を導く
11/2014 真実を求めて - 悪魔の霊言を知る
03/2015 死後の世界で恋をして - 愛って?
05/2015 ネコの死後はどうなるの? - ニャンコの救世主
07/2015 神伝鎮魂法 - 幽体の救い
09/2015 指導霊 - 死後の世界から人々のために
10/2015 霊魂からの伝言 - 霊的な人生とは

すべて、アマゾンにて購入可 http://amazon.jp/dp/4865434402/
あなたの心に響く一冊が、きっとあるはずです。

あなたには、霊的な命があり、人生は、今あなたがいる世界で終わってしまうのではないことを信じ、現実を学び、今後に備えましょう。

あなたの意識が、肉体が死んだあとも、そのまま生きていくとなれば、今のままでいいはずがありません。あなたがいかに良い人で、意味のある人生を送っているとしても、次に、永遠の快楽と歓喜に満ちた、天国のような場所が待っているわけではないのです。

死んでから考えたのでは遅い、死んでから対処するのでは間に合わない。だからこそ今、知らせようとしているのです。

知るチャンス、信じるチャンスがあったことを、あなたは死後、必ず思い出すでしょう。

そしてあなた自身の選択と行動の結果が、その時の世界に反映されていることを確認することになるのです。



[227] 次々と! 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/09/17(Thu) 04:26  

「指導霊 - 死後の世界から人々のために」が出版され、すでに読み終えた方もおられるようです。

アマゾンののぞき見から、もう楽しみでたまりません。うちには、明日、木曜に届く予定です。

このように、続々と霊魂学関連の本が出版されるというのは、史上初のことです。

今、これらの本を手に取り、読むことができる人は、この上なく幸運な場所にいるのだと思いますが、同時に、今の時代がどのようであるかとか、何を求められているのかとか、そういったことが、警報のように響き渡っているようにも感じます。

秘境の地・アマゾンに、多くの人が訪れますように!

http://amzn.to/1EWWEpu

思ってるより近い、すぐ行けるし・・・



[226] よしきた!神伝鎮魂法! 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/07/26(Sun) 03:38  

新刊、「神伝鎮魂法 -幽体の救い-」が届きました!
不在通知2度目で、返送になったらどうしよ〜と心配しながらも、出かけなければいけなかったので、外に出たら、なんとそこに!配達の方が立っていて。普段の行いが良く・・・なくても、こういう事ってあるんですね〜

ということで、大きなフォントで嬉しい!
何せ読み力、遅いので、感想は、のちほど。
目次だけでも、ドキドキ。
みなさんの感想も、伺いたいです!

ネタばれは・・・大歓迎!




[225] もう一個。 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/06/08(Mon) 21:53  

ネタばれ?
じゃないかw

砂漠で飼われているラクダは死んだ後も飼い主を探したりするんだろうか・・・

色々と疑問がわきますよね。

「あっ、これ?」
「地上でも飼ってたハコフグなのw」

とか言いながら、頭の周りをプカプカと泳ぐハコフグの姿があちらの世界では見られる可能性があるのだろうかww

妄想が膨らむ膨らむwwwww


[224] 届いた〜〜〜読んだ〜〜〜もっかい読んでる〜〜〜 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/06/06(Sat) 02:29  

はい、読んでます。

いっこだけ、ネタばらししていいですか?知りたくない人は、飛ばしてください。



「良い人に早く死んでもらいたい」「悪い人が死ぬと困る」

猫たちの、このような思いつき、かなりの衝撃でした。

この本は、面白いぞ〜〜、このまま映画にしたいような作品ですよね。


[223] ネコの死後はどうなるの? 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/05/26(Tue) 01:15  

新刊が発売となりました!

ネコの死後はどうなるの?- ニャンコの救世主
http://www.amazon.co.jp/dp/4865433341/

早く届け!〜〜〜


[222] Re:[221] カイラス山 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/04/09(Thu) 21:58  

> 登っちゃだめ!って言われれば言われるほど、登りたくなる人も多いだろうしな〜〜

呼びました?w

あっ、でも登りませんよ、寒いのイヤですし〜〜。

ところで、山頂に達したとされる、あのお方は・・
登頂じゃなく「達した」ってのがポイントでしょうか?
確か空を飛んでたはず・・


[221] カイラス山 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/04/09(Thu) 04:46  

チベット地方のカイラス山は、信仰の山であるため、登頂許可は下りない・・・
という説明を今、とある掲示板で見つけました。

すごい。

その信仰がどのようなものかは別にして、そういう決まりが、守り続けられるというのは、敬意に値するなと思います。

だめなものはだめ、という頑固さも、時には必要なんでしょうね。

意地悪言うと、100億払うから、登らせて・・と言ったら、賛否両論になるんだろうかと、考えてしまう。じゃあ200億ならどう?

そうやって、世の中は、変わってきたのかもしれないなあって。

登っちゃだめ!って言われれば言われるほど、登りたくなる人も多いだろうしな〜〜


[220] Re:[214] [213] [212] 私には何も見えないなぁ・・・ 投稿者:ペン 投稿日:2015/04/05(Sun) 13:39  

「死後の世界で恋をして」を今日注文しました。
明日届きます、楽しみです。
この本を読んだら次に「真実を求めて」も読んでみたいと思います。




[219] ソレダッ!!! 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/04/04(Sat) 22:15  

> でも、そうですね、オバサンが恋だのなんだのと言った本を読んでいるのって、イタイですよね・・・。
>

同時多発的に会員の老若ニャンニャン・・あれ変換できないぞw

思いますに、どう見ても濃い・・じゃない恋とは無縁そうに見えるような会員の方々(いえ、どなたとは言いませんが特に顔が濃い人を名指ししてるわけじゃないですよ)がさりげなく電車の中で、それもあちこちで読んでると嫌でも目を引くんじゃないかと。

で、何も知らない無関係などなたかが写真つきでつぶやいて炎上!!

そんな面白い展開にはならないだろうな〜。

こうこくこうかは ばつぐんだ!


[218] 真実を求めて・・・ 投稿者:豚汁 投稿日:2015/04/03(Fri) 17:01  

ぺんさんへ

霊能者さんとお知り合いのようですが、こちらも読んでみるとおもしろいと思いますよ。


「真実を求めて」
http://www.amazon.co.jp/dp/486543187X/

(本文より)
大勢いる霊能力者や霊魂思想が、どうして食い違うのか、どれを信じたらよいのか、まるでわからない、そう思っている人も多いと思う。
そんな人たちに、本書は霊魂の分野の実際を示し、判断の材料を提供するものである。


[217] イタカッタカモ 投稿者:Eru 投稿日:2015/04/03(Fri) 15:10  

> ところでEruさん、電車の中で読んだんですか!!

はい、わざと周りの人に見えるように読みました・・・。
でも、そうですね、オバサンが恋だのなんだのと言った本を読んでいるのって、イタイですよね・・・。


>霊魂学徒にとっては、やりたいことが山のようにあると思うのですが、

ますます 向こうに行くのが楽しみになりました〜!


[216] 届いた〜〜! 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/04/03(Fri) 03:49  

はやい!アマゾンすごい!ありがと〜〜!

「死後の世界で恋をして −愛って?−」水波一郎著

早速読み始めました。第一章で、すでにひょ〜〜っということが書かれていてびっくり。別の掲示板にもありましたが、人の心から、その人の理想の顔を感じ取り、自分の顔を、そういう顔にしてしまう・・とか何とか・・

死後の世界では、お金いらない、仕事しなくて大丈夫、食事必要なし、病気もない、などなど、肉体に関する事が、どんどん消えていって、ついには、姿かたちまでも、変えたい放題?で意味のないものになり・・・

ほんじゃあ、何が残るの?何が関心事?何が大切なの?何が生きがいなのか?

霊魂学徒にとっては、やりたいことが山のようにあると思うのですが、そうでない人にとっては、愛や恋ってことになるのかなあ・・

この本、読み始めたばかりだけれど、展開が楽しみです。山手線にでも乗って、くるくる回り続けながら、読んでいたい。


[215] ケースバイケースかな? 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/04/01(Wed) 21:21  

間気で顔を造り、写真におさめれる位置に配置しそれを撮らせるとなると、間気がどれだけ物質化していられるのかとか、そもそもその間気をどのようにしてその場所に集めておくのかとか、かなり難易度が高いように思えるけど、こちらの想像を超えたことをやって来るので可能性はあるかも。

たぶん、本当に幽質の何かを見れるのなら、例え写真でも全く何もないところに色々と見えるんだと思いますよ。

写真で何もないはずのところに顔のようなものが見えてしまうのは、肉体の脳の機能によるところが大きいのだと思います。
なんでも上に点が二つ下に一つあると顔に見えるようにできてるらしいので・・シミュラクラ現象と呼ばれてると思いますんで調べてみてね。

ところでEruさん、電車の中で読んだんですか!!

自分がその本を手にして思ったのが、これを電車の中でオサーンが堂々と読んでると、死後の世界なら「わっ、キモ」「何、あのオジサン、ヤバクネ」とか全国の女子高生から想念が伝わってきそうな表紙だってことなんですよw


[214] Re:[213] [212] 私には何も見えないなぁ・・・ 投稿者:Eru 投稿日:2015/04/01(Wed) 15:48  

> 近いうちに読んでみようと思います。
> 何か面白そう、と言っては失礼ですが興味が湧きました。

信じるか信じないかになってしまいますが、一度読んでおくと、向こうの世界に行って恋愛した時に、とても参考になると思いますよ〜。


昨日会社の帰りの電車の中でずっと読んでました。
そしたら、気が付いた時には、降車すべき駅を2駅も通過していました。どうせならとそのまま終点まで行って戻って来た時には、2/3ほど読み終えていました。


[213] Re:[212] 私には何も見えないなぁ・・・ 投稿者:ペン 投稿日:2015/03/31(Tue) 19:05  

Eruさん、こんばんは。
先日は、久しぶりにお会いできていろいろとお話ができてよかったです。

>「霊が写っている」と思うと、そう見えてしまうレベルではないかと

見方次第でどうとでも取れるということですね。
この写真ですが、ずっと気になっていました。

>「漏れた間気を、そばにいる霊が利用し映像化したものが写る」

そうなんですか、よくよく頭を整理して考えてみます。

>自分自身の目で実際に霊を見たことはないとおっしゃっていたと思い

車の左の前輪がパンクするとかエンジンがオーバーヒートするとか、そんなことが1週間くらい前から聞こえてきてそんなことが何回もありましたが、幸か不幸か見えたことは1度もないのですが。
それは霊的に健康なんですね。

>「死後の世界で恋をして」

近いうちに読んでみようと思います。
何か面白そう、と言っては失礼ですが興味が湧きました。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
- LightBoard -