修行者たちの戯言(たわごと)
[トップページに戻る] [初めにお読みください!] [掲示板ご利用方法]
[ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除が出来ます。半角英数字で8文字以内)
記事No パスワード

[44] 動画の内容はけっこう重いです 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/09/24(Tue) 16:36  

ひょんな事からこういうドキュメンタリーを見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=oo0SHLxc2d0
 自殺者1万人を救う戦い - SAVING 10,000 - Winning a War on Suicide in Japan

日本文化の楽しい部分しか知らない人(外国人等)にはけっこう衝撃的な内容です。
ようつべの動画ですが、約52分とけっこう長いです。
後、ベーコン好きな人はご注意してください。食欲を損なう場合があります。


もし、英語が理解できて、時間がない人はこっちの方を観ればドキュメンタリーのsummaryと裏話が聞けます(約9分です)↓

http://www.youtube.com/watch?v=Rb-w0OMNglc
 Take time to listen: Rene Duignan at TEDxTokyo

霊魂学的視点から言うと、そうやって悩んでいる人達に是非!霊魂学の存在を知ってほしい!・・・と思います。


[43] 本部HPの霊ゲーム 投稿者:Eru 投稿日:2013/09/10(Tue) 00:57  

こんなゲームがあったのですね。すっかり忘れていました・・・。

いやぁ、奥が深い・・・。


[42] 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/09/08(Sun) 14:18  

いいえ、ぶち壊すのではなく、軽い空気を取り入れる試みをするのです。でも、けっこう勇気いるなぁ・・・

霊ゲームというのがあったんですね。
早速二問目で撃沈しましたOTL
でもやっと勝てましたよ!これでとてつもない秘儀が使える・・・
ようになるといいんですけどね〜。

私、俗に言う「霊感」というものが多少あったので霊の存在は信じていたんですが、本当の事を知るまではただのオカルト好きでした。

やっぱり、感じる=真実を知るというのは無いみたいです。ある人は霊感持ってるからって霊的に危険な事してるみたいですから・・・・・・

そしてそういうのをテレビで見たり掲示板や本等で読む人達にも低級霊が寄って来るんだ、って体験して知りましたw

なのでたまのこしさん、バイ●グラフィーチャンネルは時折そういう系の番組があるので気をつけて下さいね☆


[41] 要するに・・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/09/06(Fri) 03:57  

ぶち壊しそうな気がして >> 今度書き込んでみようかな・・ >> ぶち壊してみるんかい!ってこと?

いやいや、ここだけの話、霊的な力は、海どころか、宇宙的な距離も全く問題ないと、以前聞きました、この耳で。

実際、霊的な力とか感覚が、ほぼ感じられないというのが、人間の大きな障害となっているんですよね。もし、そのまま感じてしまうなら、今頃、世界中の人は一人残らず、「神様、助けて!」って真剣に叫んでいることでしょう。

でも、そうなったらなったで、よくない対象に祈ったり、すがったりしてしまうことにもなるのでしょうから、感じるイコール、真実を知るということでは、ないんですよね。

では、どうすれば、何が、人を真実に向かわせるのか、ということになるのですが、これは、
なんでしょうね、魂の奥深くから、一番大切なものを求めて叫んでいる、その音のない叫びに、果たして、肉の体が反応するかどうか、そういう、わけのわからない次元でしょうか。


本部の掲示板は、私も、いまでも緊張します。でも、常連さんは、みんな、とても心優しい、頼れる先輩って感じの方々ですよ。いつか会う機会が来たら、きっと、Kiripekuさんの持っている印象は、ぶっ飛ぶことでしょう。

鞭どころか、ウルトラスラッシュ〜〜〜!とか言ってくるかも・・・

本に紹介されている行を3ヶ月続けたって、すごいですね。本部HPの霊ゲーム、三種の霊宝を探せは?あれ、けっこう意地になって、何回やったことか・・契山館のHPに、こんなお茶目なゲームが?って思いながら、実はあそこには、とてつもない秘儀が・・・あるのかないのかは、定かではありません。

では、本部の掲示板でも、お会いしましょう!


[40] 鞭で叩いて三千里(意味不) 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/09/05(Thu) 12:43  

む、鞭で引っ叩かれる!?

いや、しかしたまのこしさんは海一つ越えた所にいるから大丈夫・・・・・・うぎゃっ、何だこの痛みは!?まるで誰かが鞭で叩いてるかの様な・・・はっ、ま、まさか!?うわぁぁぁぁ逃げたいけど逃げられねぇぇぇ・・・

・・・みたいな感じなんですかねぇ?霊的な鞭に叩かれる気分って(違

初歩的な神伝と鎮魂の法って紹介されてるじゃないですか。それらを入会前の時に毎日やったんです。三ヶ月程経った後、あぁ、成長したなぁ・・・(遠い目)ってふと思いましたよ。

本部の掲示板は書き込む人皆が真剣そのものな気がして書き込みにくいです・・・なんか空気ぶち壊しそうな気がして。

今度書き込んでみようかな・・・。


[39] そうそう、戯言だから・・(けっこうしつこい?) 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/09/05(Thu) 04:44  

あああ、いいですねええええ、100人で風の行かあ!

山に登ると、必ず風の行をやるという会員もいますよ・・ってEruさんじゃ?

神伝の法、鎮魂も禊も、すばらしいです。正直、わけわかんないことがほとんどなんですよ、でも、すばらしいんです。きっとKiripekuさんも、そう感じられると思います。

最近思うのは、霊的進歩とか霊魂学の勉強とか、時間がかかるものなんだなって。でも、小さな一歩を、しつこく重ねているうちに、それがどんなペースで、どういう密度だったにしても、必ず、未来から振り返ると、その重みを感じるのです。

必ず、人は霊的に進歩するんです、すばらしいことです。


スパルタ・・・一般によく、あなたはSですかMですかっていう質問、耳にしますけど、自分のことについて、考えたことはありませんでした。が!今回、はっきりと、Sと判明。

今、鞭、磨いてます・・・ふふふふふ(壊




[38] 風の行は、一度山の上で 投稿者:Eru 投稿日:2013/09/05(Thu) 01:54  

風の行は、一度山の上でやりたいと思っています。いまだにそのチャンスはありませんが。
富士山に限らず、山に登ると、必ず風の行をやるという会員もいますよ。
富士山が見えるところに旅行に行った時は、部屋から富士山に向かって、行をやる時がありますが、気持ちいいです。

>・・・Eruさん、ここで特訓してもいいですか?

どうぞどうぞ!
きっと、たまのこしさんや明日のドーンさんが、スパルタで添削を・・・(^^)

ちょっと本部の掲示板は、書き込むのに勇気が要りますよね。
気楽に書き込めるところという意味で、この掲示板を設置したわけでして。
でも、本部の掲示板も、いつも同じような人しか書き込まないので、kiripeku さんが書いたら、みんな喜ぶと思います。


[37] けーいざーんかーんにはいったーら〜♪ 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/09/04(Wed) 15:20  

今朝何故か替え歌を作りたくなったのでこんなの作ってみました。

契山館に入ったーら
契山館に入ったーら
友達百人できるかな?
ひゃーくにーんでやりたいな
富士山の上で風の行
ふんわりふんわりふんわりと

歌ってると本当にやりたくなってきます。とは言っても、まだ水の行すら学んでませんが。


スーパーアースさん、
会員になったばかりの私が言える立場ではないと思うんですが、私は掲示板経験(?)少ないので所々未熟過ぎる面が現れる時があります。
なので一緒に特訓しましょう、ここで!


・・・Eruさん、ここで特訓してもいいですか?
こういうのは普通、先に聞くもんなんですよね・・・早速未熟な面が出ましたよ、ふふふふふ(壊


[36] 仲間 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/09/02(Mon) 01:16  

修行仲間、会員仲間、霊魂学仲間、仲間という言葉から受ける印象は様々です。
以前は、仲間という言葉が、あまり好きではありませんでした。
今は、数少ない、霊魂学仲間、霊的修行仲間の大切さが、重く感じられます。

それは、私にとってというよりも、今の時代にとって、そして霊的活動をされる、霊魂方にとって。というと、傲慢と言われるでしょうが、色んな意味で、事実ではないかと思わざるを得ない、今の時代です。

私が掲示板に書き込みを始めた頃は、毎回のように、「長すぎてごめんなさい」といった言い訳というか、自己叱責のようなことをしていた記憶があります。

人が、集中して、いっきに読めるアテンション・スパンというものが、最大で、半ページほどであろう場合が多いという理論のもと、文章はできるだけ、簡潔にと、心掛けてきました。

でも、いまだに長くなりがちなこともあり、言葉もガチガチだったり、まだまだ学習しなければと思います。その前に性格変えろ、と言われるか・・・これが、なかなか変わりませんのでね。

スーパーアースさんも、こちらの掲示板で日々精進?
掲示板を拠り所とされている方がいらっしゃるというのも事実です。

大切に、積み上げていきたいという気持ちです。



[35] やっと書いてくれましたね。 投稿者:Eru 投稿日:2013/09/01(Sun) 22:13  

スーパーアースさんにお願いしたいことがあります。
文章は、あまり長すぎないようにということと、入会を迷っている人も見ているかもしれないということを意識して
書いてもらえたらなと思います。

スーパーアースさんは、合宿も参加したし、もうチョビットだけでも先輩なのですから、これから道を歩いてくる後輩に対して、
参考になるような話をしてもらえたらありがたいです。


[34] ありがとうございます。 投稿者:スーパーアース 投稿日:2013/09/01(Sun) 13:54  

Eruさん、掲示板への誘い、ありがとうございます。喜んで
書き込みをしたいと、思いました。

サイトの復活、おめでとうございます。
サイトが、復活した時は、とても嬉しかったです。
皆様と乾杯したい思いでした。

こちらでは、暫く、書き込みは、遠慮していまして、
書き込みは、よほど、遠慮して行こうと思いましたが、
書き込むことがないと、本当に会員としては、孤独な
ものだなと、思いました。
集会に、気軽に参加できる状態で、あれば、最高ですけれど
なかなか集会にも参加できない状態ですので、
掲示板が、最高の交流の場です。
皆様会員方の自分への書き込みを、見ますと、今日も一日、
頑張ろうと思う、気持ちにもなり、元気になります。

そして今は、会員仲間方が、作成された、霊魂学の新しいサイトも、
できあがり、そちらもとても、嬉しく思いました。
今日、新しく見つけた、Walkさんのサイトも、
今から、さそっくご覧になろうと、思います。
これからも、霊魂学関係のサイトが、増えて欲しいと
願っています。

Eruさん、掲示板への誘い、ありがとうございます。
たまのこしさんにも、感謝します。


[33] そっか 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/08/30(Fri) 02:39  

では、ねこメットさんにアップをされたら、そちらのURLをこちらに。
楽しみにしています!


[32] あ! 投稿者:Eru 投稿日:2013/08/29(Thu) 10:16  

すみません、kiripekuさんの追記を今朝見たところです。

この掲示板は、画像が直接貼り付けられないのですよ〜。
どこかにアップし、そこのURLを貼り付けることになります。

画像関係は、「ねこメット」の方にアップした方が、いいのではないかなぁ?
レスしてくれる人も画像に興味のある人ばかりなので、盛り上がると思います。

こちらも、画像が貼り付けられるような掲示板への移行もちょっと考えてみますね。


[31] お! 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/08/29(Thu) 00:49  

Kiripekuさん、画像派ですか?

霊魂学関連サイト、この頃は、ビジュアル革命まっただなか。
文章も大好きですが、画像の魅力にも、すっかりはまっている今日この頃。

ここにも、画像OKですよね、Eruさん!ねこメットデビューも楽しみです。ぜひ両方に・・


[30] ご挨拶2 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/08/25(Sun) 14:38  

まさかあの書き込み覚えている人がいたなんて・・・!なんか恥ずかしいですね。

私自身かなりの変わり者なのでそこらへんは大丈夫だと思います。でも、「変わってる」って主観的な言葉ですよね。
だから、実はここにいる皆は普通で、その他全員が変わってるという事も十分ありえる・・・かもしれません。多分。

[追記]
ところで、この掲示板に画像を貼ってもいいのでしょうか?それともねこメット掲示板に貼った方がいいですか?


[29] やった!!^O^y 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/08/25(Sun) 01:33  

というのが、正直な反応でした。取り乱して、初絵文字もつけてしまった。

Kiripekuさん、こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。掲示板でも、いろいろお話しましょうね!私は変わった人ではありませんから (っと否定しておく、変わった人その3・・・)

ひとりの方の入会という、世間では、触れられることもなく過ぎていくであろう出来事が、実は、霊的世界では、とてつもない大イベントなのだと思います。おめでとうございます!


私の父は、40代のときに、病気で亡くなりました。無神論者だったと思うのですが、自分の死が迫っているのを感じたのか、「死んだら、もう苦しむこともないのかな」と、一度だけ、ぼそりと口にしました。当時、私は霊魂学には出会っておらず、死後の世界や、霊魂の存在を確信はしていましたが、説明する術もなく、何も力にはなれませんでした。

霊魂学に出会ってからも、人の死に面するとき、それが地球の裏側で起こっていることであっても、なんともいえない、苦い思いがあります。

肉体の死は、誰一人避けることはできない、言ってしまえば、当然の成り行き。長く生きたといっても100年ほどです。それを軽んじているわけではありませんが、霊魂としての命のことを学ぶと、100年でさえ、大海の、一滴だと、わかってしまうのです。

肉体の生命を超えるもの、地上の人生の先にあるもの、それを知ろうとしなければ、それを信じようという気持ちにならないのであれば、やはり、霊魂学でさえ、戯言になるのでしょうね。

現実も厳しいものです。

それでも、私たちは、日々、戯言を、言い続けるのです 〔酔っても酔わなくても)



[28] Re:[25] 戯言 投稿者:Eru 投稿日:2013/08/24(Sat) 21:42  

たまのこしさん、kiripeku さんが入会してくれましたよ〜!!
うれしいですね!

掲示板の名前をつける時に調べたのですが、戯言って、あまりよい意味ではないのでどうしようかなと思っていました。
でも、霊魂学って、真実をストレートに話しても、受け入れにくいのだろうなと思っていた時だったので、これに決めてしまいました。
ほかの人には「ばかげたこと」に聞こえても、その中に「何か」を感じてもらえたらと思います。

実は、少し前に、身内が亡くなりました。
元気な時は、霊魂学を否定していたのですが、最後、ベッドの上で、私の話を聞いてくれました。
でも、修行もしていない人に、明るい死後の世界の話はできず、ただ、「向こうに行っても、上を目指すように」という話しかできませんでした。
せめて、師の著書で公開している呼吸法ができるぐらいの元気のあるうちに、話を聞いてもらいたかったと思いました。

>多少なりとも時間と余裕がある「今」、私たちの戯言に、耳を傾け、できることなら、ごいっしょに・・
本当にそう思います。


[27] わーい(^o^)/ 投稿者:Eru 投稿日:2013/08/24(Sat) 21:09  

kiripeku さん、
たしか、以前「たましいの帰り道」の掲示板に書き込んでいた方ですよね?
仲間が一人増えたこと、とてもうれしく思います。

いろんな事情を乗り越えての入会かと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
こちらは、ちょっと変わった人ばかりの掲示板ですが、また書き込んでいただけたらと思います。

修行会員のろしさんのサイトに、「霊魂学サーチ」という霊魂学についてキーワード検索できるページがあります。
http://reikon.jp/
わからないことばかりだと思いますが、利用していただけたらと思います。


[26] ご挨拶 投稿者:kiripeku 投稿日:2013/08/24(Sat) 13:09  

はじめまして、半月前に修行会員として入会しました。

かなり未熟な者ですが、これからよろしくおねがい致します。


[25] 戯言 投稿者:たまのこし 投稿日:2013/08/24(Sat) 04:16  

戯言という言葉の意味を調べよう調べようと、気になっていたのですが、やっと。
「ばかげた言葉」「しれごと」「たわむれごと」

例文としては、「そんな戯言を聞いている暇はない」ですって!

死んだらどうなるのか、とか、今、霊魂がどのように関わっているのか、とか、書いている私たちは、極めて本気で話をしたいと思っているのですが、そういうことに対して、例文のように反応する人も、少なくはないかもしれませんね。

死に直面する時、又はその直後ということになると、それが戯言だったのかどうか、考えている余裕などないのでしょうから、やはり、多少なりとも時間と余裕がある「今」、私たちの戯言に、耳を傾け、できることなら、ごいっしょに・・

スーパーアースさん、きっとお元気ですよね。いつも、さりげなく、書き込まれるので。
この場所、再開されましたよ〜〜〜!



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
- LightBoard -