修行者たちの戯言(たわごと)
[トップページに戻る] [初めにお読みください!] [掲示板ご利用方法]
[ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
投稿キー (投稿時に 投稿キー をご入力ください)
パスワード (修正・削除が出来ます。半角英数字で8文字以内)
記事No パスワード

[205] どうも 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/03/19(Thu) 22:26  

alligator、いえ、ありがとう。

確かに奥が深く玄関が広いと思う。
すでに息子の見ているアニメが知らないものばかりになってるんです。

少し前にテレビで「酒サムライ」と呼ばれ、オーストラリアで日本酒を広めている方が、日本のアニメがきっかけで興味を持ったとおっしゃられてました。

そのアニメはマッハGoGoGoとガッチャマンだそうで。。
日本で放映当時の子供たちだったなら、たぶんほとんどの男子が盛り上がる話題になると思うのですが、今は色々とありますからね〜。

映像のインパクトって強いんですよね。

そう、毎年、大寒になるとニュースで禊や、寒稽古といって川や海に入る様子が流れてるのですが・・・

そこに映るのは、小さな子が泣きながら冷たい水に入りがんばってる様子とか、うら若き女性が禊をしている姿とか、まず、そういった映像を求める視聴者があってこそニュースになるんじゃないかとも思うんですよ。

で、意表をついてネコやカエルが禊したら・・
映像はイメージですって、テロップを入れてw

動物も結構イケルらしいですし〜。


[204] ・・・・・ 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/03/18(Wed) 12:52  

ノン日本人で、アニメ大好きという人、すごく多いのですが、何が好きなのか聞いたら、大体の場合、知らないんですよねぇ・・・奥が深いのか、玄関が広すぎるのか・・

きりぺくさんとかだったら、詳しいんだろうけどなア・・
霊魂アニメは、なぜかウケる気がする・・・


[203] おおおおおっ!!! 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/03/10(Tue) 20:09  

年末大掃除!!!!
小魚さん、やられてるんですね!!!!!!!!
ちょっと尊敬しました。。
ちょっとだけねw

海外版かわいいれいこんアニメ、イイですね!!

たまのこしさん、そちらでは昔キカイダーが大ブームだったとか。
日本とのこの微妙な温度差、面白いですね。

今は、どんなんが受け入れられてるんかな?
情報持ってます?


[202] なんてこと! 投稿者:小魚 投稿日:2015/03/08(Sun) 21:35  

土偶・・・奥様さすがです。
勝てないっ勝てる気がしないっ

生活すると、物ってどんどん増えていきますよね。
実際「うちって何もない」って思っているのに、いざ年末大掃除になると、出るわ出るわゴミの山が。
狭いこの家のどこにこんなにいらない物があったのやら、と思えます。

きっと必要な物はほんの一掴みで、あとは全部捨ててしまってもそれほど困らないのかもしれませんね。

え?海外版かわいいれいこんアニメ??


[201] まだまだ、 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/03/07(Sat) 21:43  

まだまだ、まだまだ、どんなトラブルが待ち受けてるのか・・
まずは電話回線をつなげる穴が無いところから始まり→ケーブルが無い→ケーブルが通らない→ジャックが無い→アナログ回線がなぜかデジタルになってる(どんなサービスだw)・・・・結局つながるまで二週間!!
さらにリフォーム工事!!
もうそろそろ一カ月経つんですけどね・・もうちょっと人の出入りは続きそう。。

そうそう、怪しいグッズの一つ、土偶は引っ越し中に世紀末覇者が蹴とばして首が飛んでしまった・・
脚が折れたなら本物ぽくってカッコよかったのですが、、
不燃ごみとなりました。

あまりにもの物の多さに(しかし世紀m・・違ったw妻の半分もないことが今回の引っ越しで判明)うんざりすると同時に、
そろそろ年頃なので、最後の引っ越し(あちらの世界へ)に備え、色々な物を処分しようと固く決心しましたよ!!

アニメか〜・・・才能があればなぁ〜〜〜。
残念。。


[200] めっちゃkawaii! 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/03/07(Sat) 04:09  

ちっちゃい子達とか、動物とか、マジ、ぶりっこ(古!)とかでなく、かわいい!と思ってしまうんですよねえ・・なんでだろ。といっても、私の場合は、見るだけ番長で、世話とかできないんですけどね。

小烏丸さん、お引越し、大変だったでしょ、お疲れ様でした。
身も心も、すっかり軽くなったとか?数々の思い出・コレクション・怪しいグッズ・・・・

海外、アニメかなあ・・


[199] kawaii 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/03/06(Fri) 22:54  

よし、霊魂学も「かわいい文化」にまぎれさせて海外向けにクールに宣布しよう。

と、いつもの言うだけ番長でした。

思い出しました。
娘も小さいころ電話を取って、
「オトーチャン、ホーホー仮面から電話だよ。」って!!

おっ、フクロウのマスクを被ったニューヒーロー誕生か!?
と思うでしょ。

実はトーホーカメラから写真の現像ができましたって連絡でしたw


[198] あ、かわいいはなし〜〜 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/02/15(Sun) 02:33  

思わず、微笑んでしまいますね、かわいくて。

私もいっこ、思い出した・・甥っ子が小さいとき、部屋の窓から空を指して、「おとぅき様!」と言ったと思ったら、その足で、他の窓まで私をつれていって、「あそこもおとぅきさま!」と、こっそりおしえてくれたこと。そしてその傍らで、つたい歩きの姪っ子が、ごみ箱からビール缶を取り出して、ぐい飲みしていたこと・・・

このシーンが、今も、ずっとくっきりと記憶にあって、たま〜に笑わせてもらってます。


[197] カガー! 投稿者:小魚 投稿日:2015/02/14(Sat) 09:14  

カガといえば・・・

子供達が小さい頃、蚊が飛んでると私が「蚊が・・・」「あっ蚊がいる」「また蚊が!」と(普通に)言っていたら、
子供達は「蚊」を「カガ」だと思ってしまったらしく、蚊が現われると「カガ!」「カガがきた!」と言っておりました。

あ、突然失礼致しました。
思い出したらおかしくてつい書き込みたくなってしまいましたw



[196] クエビコ妄想 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/02/10(Tue) 19:52  

ちょっと、しばらく書き込めないかもしれないので、、ざっくりと。

クエビコ・・崩え彦、【(注)萌え彦ではないw】
体が崩れた男の意味らしいが、カカシ(一本足)ヤマカガシ(蛇)も含めその意味するところは、地上に相応しくない存在となったがために肉体が不要になり龍蛇のような存在へと変貌した元タニグク・・・だったり・・

すると面白いなぁ〜〜。


[195] そして海より来たるスクナヒコナ 投稿者:いしまつ 投稿日:2015/02/09(Mon) 23:31  

気のせいか、(たぶん気のせい、(^^;;;)

日本の神話は、ある事象を別表現で繰り返し強調しているような、より強く描写しているような、そんな気がします。my妄想ですが…

赤カガチのような目を持った存在に、ヤマタノオロチ、そしてサルタヒコ

天岩戸では「鏡」によって、奥の貴い神を表に呼び起こしますが、
オオクニヌシの国作りを助けに海より来たる正体不明の
小さくも力のあるスクナヒコナはアメノカガミノフネ(またカガミ?)で表れます

このスクナヒコナの正体を明かすのはヒキガエルのタニグクが紹介した
クエビコ(山田の案山子のこと、もしかするとヤマカガシ)
ここで、また龍蛇登場…山田の案山子と音の似ているヤマカガシはヒキガエルを食べる蛇で
太陽につながる道をしめすとされるヒキガエルが自分を食べるであろうクエビコ(蛇)と協力して海より来たる謎の神の正体を明かす…なんじゃあこりゃあ?

それにしても、カカ、カガ、カガチ、カガミ…カガ出過ぎ…(^^;;;

太陽神、暴風神、海神、龍蛇、カガミ、繰り返されているように思います。

いえいえ、my妄想にて失礼しました。m(_ _)m


[194] やはり、、あのお方としか・・ 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/02/06(Fri) 21:36  

何となく・・根拠のないイメージですけど。。
天の八衢で、天と地を繋ぐとか照らすと言われると、生命の樹を体現されているような気もしてきます。

ところで、サルタヒコの御使がカエルだとか、ないとか・・ですが、ヒキガエルのヒキが日置だとすれば、サルタヒコ以前の太陽神信仰に関わるものとしてのヒキガエルに起源があるのかも。。

ゴトビキ岩、もしかしたら飛鳥の亀石、さらにさかのぼって遮光器土偶とかも、太陽を崇拝していたちょっと今の人類とは違う風貌の生命体が過去存在してて、今の人類を霊的に指導する時にたまたま幽視したものがカエルっぽく見えちゃって祀っちゃたとか・・と猛烈妄想中w

古伝にあるタニグク、クエビコとかも興味深いですね。


[193] 天も地も照らしたサルタヒコ…どなた? 投稿者:いしまつ 投稿日:2015/02/03(Tue) 01:11  

そのサルタヒコさまですが、
いつも風貌の話(鼻が長い、背が高い、etc)ばかりが強調されますが、
ここはどう考えたらいいのでしょう?

「天の八衢(あめのやちまた。道がいくつもに分かれている所)に立って高天原から葦原中国までを照らす神がいた。」

つまり、天も照らし、地も照らし、両目は八咫鏡のように輝いていた…
(天と地を、繋いだ、とも、あるいは両方を照らした、とも…)

って、それはまるで…(ひとり妄想中失礼)(*_*)

ただの文学的表現でしょうか?それとも…うーーーーーん。(*_*)

わたしもわけのわからないことを書いて失礼しました。m(_ _)m


[192] ヤッチマッタって何を? 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/01/28(Wed) 21:54  

カガですね。

ところで、そのカガを含む赤カガチのような目を持った存在に、ヤマタノオロチ、そして天のヤチマタにいるサルタヒコがいます。

この両者は同じモノを違う視点で描いているような気もしますね。
ヤッチマッタと言いますか人の本質と言いますか・・

色々な意味でカガミは剣?力の源?に至るため?魂の帰り道に、とても大切なようで・・

あ〜、ごめんなさい、またわけのわからないことを書いてしまった。


[191] 龍戴(りゅうたい) 投稿者:いしまつ 投稿日:2015/01/28(Wed) 01:02  

能の時に「龍神」役の方が頭に頂く冠を「龍戴(りゅうたい)」と呼ぶのだそうですが

http://www.tokugawa-art-museum.jp/planning/h23/01/obj09.html

尾に剣、手に玉、と三宝のうち二つを揃えていて、ではあと一つは?
と、疑問に思っていたのですが、実は「鏡」が備わっていることにやっと気づきました。

多くの方が言及されていたのですが、鏡(かがみ)の語源をさぐると
龍蛇のはなし(とくに蛇になるのだろうか)と縁の深い可能性があるそうです。

龍蛇系の信仰や伝承、ならびにその影響の大きさを改めて感じました。

なお、古代のバビロニアとユダヤの宗教や文化をながめてみると
前者が龍蛇系に肯定的で、後者が否定的なことが
地理的に隣接しているだけになかなか不思議に思えます。

お目汚し失礼しました。


[190] 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/01/10(Sat) 22:40  

火の神様が、そちらのお山の火口に住まわれているために「HI」となった・・・・ってことにしときましょう。

と新年早々無理やり絡んでみましたw

挨拶忘れてました。
本年もよろしくお願いいたします。


[189] 投稿者:たまのこし 投稿日:2015/01/10(Sat) 04:34  

ひ [1] 【樋▼】
@ 水を導き送る,木や竹の長い管。とい。
A 物の表面につけた細長いみぞ。 「 −定規」
B 日本刀の側面につけた細長いみぞ。血流し。
C せきとめた水の出口に設けた戸。開閉して水を出したりとめたりする。水門。

ひ、と読む字を辞書で調べていたら、なんとなく、かっこいい!っていうのがあったので。なんとなくなので、あとは、続きませんよ、戯言ですから。

HI は、この地の省略文字でもありますが、これは、絡みづらいだろうなあ・・

本年も、どうぞよろしくお願いします。


[188] たわごと初め 投稿者:小烏丸 投稿日:2015/01/08(Thu) 21:05  

昨年は午年で、年末は馬の話で盛り上がりましたので・・
今年はヒツジで!!

今住んでいる市には日本で2か所しかない羊神社ってのがありまして、本来は火辻だったとか・・

「ヒ」は「火」なのか「氷」なのか「日」なのかさらには「霊」となるのか・・

私たちは禊の真義とも大きく関わる「ヒ」の辻にいるのかもしれません。

その「ヒ」に果たしていかなる漢字があてられるのか・・
辻に立つ我々はどちらに向かうのか・・
もしかしたら、たまのこしさんの住まわれる地に吹く強い風とも無関係ではないのかもしれない、、と遠まわしな言い方してみるw

さて、エジプトには羊のような角を持ち、化石が美しく輝くアンモナイトの語源ともなっている太陽神アモンがいます。

この地にある羊神社とは別に、もう一か所の本拠地?グンマ−にお住まいの会員の方が「勇者アモン」と呼ばれるのも偶然ではないのかもww!!!

と、たわごと兼妄想初めでした。


[187] 新春 投稿者:スーパーアース 投稿日:2015/01/03(Sat) 14:24  

新年あけまして、おめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
こちらでは、白銀の世界が広がっています。
晴れると、とても綺麗に見えますが、凄く寒いです。
正月は、皆様どのようにお過ごしでしょうか?
こちらでは、毎年のように餅を食べました。

2015年が、霊的にも良い年であって欲しいですね。
霊的に良い事も、あってくれる事を願う思いです。


[186] 14から15へ 投稿者:たまのこし 投稿日:2014/12/31(Wed) 05:12  

数日、穏やかな日が続き、ヤシの葉の修繕と、倒れた木の・・・ってちゃうちゃう。

年の瀬になると、TVでは、今年一年の事件やら話題をまとめて流す特集が多いようですが、観ていると、あれも、それも、ああそうだったなあと、その時にはかなり衝撃的だった事件でも、どこかで他人事と思っていたのか、観るまで忘れていたというものが、けっこうありました。

去年の年の瀬に、自分が何を考え、何を計画していたのかを振り返り、何もできていないことに、改めてガーンときて、このような繰り返しを、いったいいつまで続けるのだろうと、反省までもがパターン化してしまっているような、何とも落ち着かない、入り混じった心境です。

天気予報では、今日の午後には、また強風がやってくるそうです。何度目かになるので、少し慣れて、心づもりもできるようになってきました。

本当に怖いのは、予報も警告も無くやってくる、目にも見えない霊的影響です。
私たちは、これからも、それぞれに、警報を鳴らし続けたいですね。

ほっと一息できるこの掲示板、これからもよろしくお願いします。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ!


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
- LightBoard -