契山館 死後の世界とは?人間とは?生きるということは?

入会の動機

会員の方に、霊魂学に出会ったきっかけや、入会に至るまでの心情を綴ってもらいました。
ケーキ





31アイスクリームさん
確かにおかしな団体は世にたくさんあるようです。でも本物も存在していました。

ちりこさん
そして契山館の会員の方のホームページを開きました。 衝撃でした。
真面目に死後の事を考えている人達がいる!

静原さん
そして、ひとり暮らしをはじめると同時に入会しました。

野道さん
小さい頃からあまり信仰に縁がなく、大人になる頃には、科学で証明できない以上、神様はいないと、すっかり無神論者になっていました。

ひまわりさん
よそのサイトを見たりもしていましたが、 結局、縁がないというか、合わないというか、 最後には、契山館のサイトに戻ってくる、という状態でした。

海鮮どんぶり丸さん
インターネットをしていてたまたま会のHP内に入っていた時は、ちょっと不思議な感覚がありました。 ここの空気感?のようなものは、他とは違っているような気がしていたのです。

ろしさん
掲示板への会員の書き込みを読んでいるうちに、会員の方たちというのは、修行者とはいえ、ごく普通に仕事をして、ごく普通に生活をしている、ごく普通の人たちだ、ということが分かりました。

烏帽子ロケットさん
いや、オレはもうどうなってもいい。 本当のことが知りたい。そこからしか始まらないと思う。 真理を知りたい。 そうでなければ・・・真理を知らなければならない!

酷花さん
以前の私は、悪質な宗教勧誘を頻繁に受けたこともあり、深く考えることなく無神 論者を決め込むようになっていました。

Walkさん
私は契山館に入る前、随分まわり道をしました。ある宗教団体に入ったり、霊能力者の元へ通ったりと、今思えばとても無駄な事をしていました。

半チャック先輩
僕は子供の頃、UFOとか心霊関係といった不思議、神秘的なものに、とても興味を持っていました。

空中散歩さん
わたしの《入会》のキッカケなのですが…少々霊的にヘビーなので、自制しておこうと思います。

アオキミさん
その後は、3日ほど風呂にも入らず、ベッドにもパソコンを持ち込んで読み続け、 4日目に関連サイト著書も含めてすべて読んでしまいました。

ノーテンさん
大不評であるフロイトを勉強しなおそうと考えていました折に、死後の世界に関心がありましたので偶然、契山館のホームページにめぐり合うことができました。

naeさん
Aさんと話していると、時々私には理解できないような価値観に基づく発言があり、 ある時とっても気になってAさんに尋ねました。

ゆうさん
契山館ではオーラの強化をする修行法も指導しているらしい。 禊神秘の法を読んで是非とも霊的トレーニング を習ってみたいと思ったわけです。

石枩(いしまつ)さん
「神伝禊法入門」を初めて目にしてから20年弱のこの遅い決断。
まさに、迷い道くねくね〜、という入会までのじれったい経過でした。

雪だるま軍団さん
2005年4月末、西日本で多くの死者を出した事故がありました。その時私の中で長年温め続けていた探究心に再び火がつきました。知りたい。この事故で亡くなった人たちはどうなるんだろう、どこへ行くんだろう? それが契山館と出会うきっかけでした。

Eru
死んだら消滅してしまう人と、天国に行く人と、すぐに生まれ変わる人と、そんなバラバラなことはないはず。 その答えは一つしかないはず!ならば、それを知りたい!!

コマーシャル

契山館 ホームページ


霊的世界への探求
霊をさぐる
たましいの帰り道

契山館 本部
お問い合わせはこちらへ

広報部 0279-55-0440
(夜6〜9時 受付)

Topページ


AnotherWorld
-- もう一つの世界へ --



管理人 契山館修行会員 Eru
連絡先
anotherworld@aa.tear.jp

掲示板
「修行者たちの戯言」

AnotherWorldへ戻る  ページ上に戻る