支部・分会の集会で学ぶ


私は支部の集会などで他の会員さんと話す機会があります。
そこで、私は話が弾んでしまい、軽率な発言をすることがあります。

会員さん・先輩方と話しているそのときには、多くの場合何も思わないのですが、帰る頃になると「何であんなこと言ってしまったんだろう」と一人反省会を開いてしまいます。

一見、些細なことでも後で後悔してしまうことが多いです。
「これじゃ何もしゃべらないほうがいいじゃないか」と思うこともありますが、しゃべらずに生きていくなんてことはできませんし、私にとってしゃべるのは楽しいことなのでしゃべっているのですが・・・。

ただの学校の友人と話した後も反省をすることはありますが、集会のときほどではありません。
それにもうひとつ、私には、一般の人との会話と会員さんとの会話の反省の違いがあります。
それは、一般の人との会話で自分が反省するとき、必ず「相手にも非があったのだ」と考えてしまいます。
一方で、会員さんとの会話ではすべて自分に非があると思ってしまいます。
上手くは書けませんが、私は会員さんとの会話では自分を深く反省することができるように思います。
一般の人との会話でもそれくらい反省できたらいいのにと思っています。

結局、何が言いたいかというと、支部の集会や分会の集会では、高級な気を吸うこと以外にも、学べることがたくさんあるかもしれないので、いろいろなところで集会が開けたらいいな!ということです。

今月開かれた新しい地区での集会に、できれば私も参加したいです。

参加者が増えていきますように!