キャベツ畑


先週は気持ちいい気候だったのに、もうかなり寒くなってきました。
夜にパソコンをずっとしていると、いつの間にか足がかなり冷たくなっていて、そろそろヒーターでも出そうかと思ったりしています。

先週行った霊的集会はとても新鮮な感じがしました。きっと初めて行く場所だからでしょう。
初めていく会場はがちがちに緊張すると思いきや、がちがちには緊張しませんでした。
会場がどこにあるか分らなかったので、先輩方のあとを金魚のフンみたいについていきました。
おかげで会場にはすんなり行くことができました。先輩方、ありがとうございます。

ところで電車で会場に行く途中、キャベツ畑を見ました。
私の実家では昔、キャベツを育てていて、小さい頃に畑仕事を手伝わされたりしたことを思い出しました。
親が「キャベツに青虫がついていたらつぶせ。」といったので、子供の私はいやいやながらやっていました。
「青虫は成虫になったらきれいなモンシロチョウになるから、別にキャベツぐらい食べさせればいいじゃないか!」と思いながら・・・・。ただサボりたいための口実だったのですが。

でも自分たちが生きるためにはそうしないといけないのかもしれません。

どうすることが正しいのか、今の自分でも分かりません。